上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はもうかれこれ20年、夏には熱海へ一泊二日のプチ旅行に出かけている。 いっしょに行くのは寿司屋のとしちゃんと居眠り王子のまもちゃん。必ず熱海というわけではなく、京都・奈良だったり、伊豆稲取だったり、北川(熱川)だったり、箱根だったりと、たまに浮気もするが、黙っていればたいていまた熱海に戻る。
ここ何年かは花火大会に日程をあわせて出掛けている。
一昨年のブログを見ると、としちゃんの家族といっしょに楽しそうにはしゃいだ記事がある。しかし、昨年はそのとしちゃんのお父さんが亡くなり、20年目にして初めて旅行を断念した。今年はそのリベンジ。お父さんも楽しみにしていた熱海だから今年はやっぱり行こう! ってことで踊り子に乗り込んだ私たちブーフーウ=の三人。若い頃を知っているだけにみんな相手の変貌ぶりを見て内心ホッとしている。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+017_convert_20100727232456
トイレに行こうとしたら売店のワゴンが通りかかる。お姉さんはワゴンを通路の端によけてくれたので、その脇を通り抜けようとしたが、なんとお尻がハマってしまって行くも戻るも出来ずに暫く立ち往生した。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+020_convert_20100727232839
みんながこちらを見て、見ないふりをしている。本当に恥ずかしい思いをした。が、こいつだけは本当に見ていない。それはいつも居眠りばかりの居眠り王子。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+019_convert_20100727232644
だから太るんだよー! っていつも言っていたが、今では何も言えなくなった。



ホテルはいつものニューアカオ。ホテルのロビーからの風景。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+021_convert_20100727233016
もっと近い後楽園ホテルにしたこともあったが、後楽園ホテルは窓が開かないのだ。ガラス越しでは少し臨場感に欠けるということで、今年もやっぱりニューアカオ。
 今年の部屋は格別だ。打ち上げ場に一番近い正面の10階。いよいよ秒読みだ。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+022_convert_20100727233308

辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+024_convert_20100727233518

辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+029_convert_20100727233700

辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+030_convert_20100727234016

すぐ目の前で爆発するものだから、大玉になると爆風が部屋の中まで入ってきて恐いくらいだ。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+028_convert_20100728001848


さて、今回の旅の目的はもう一つ、私の古い友人“洋服のマモちゃん”に会うこと。
居眠り王子のまもちゃんとは同じ名前の別人。
こちらのマモちゃんは、このブログにも何度か登場しているスタイリストの古瀬さんの共同経営者。当時桜田淳子や朝丘めぐみから始まり、岩崎宏美さんを経て、その後男では俊ちゃんやマッチなどそうそうたるメンバーの衣装を担当。有名なところでは明菜のデザイアーのあのきものみたいなドレス。後半は古館伊知郎さんや大地真央さんの衣装を担当していた。マモちゃんはなんと50歳で隠居。元々の出身地、熱海にまるで高級ホテルのスイートルームみたいな家を建てて悠々自適に暮らしている。その家を写そうと思っていてすっかり忘れてしまった。お宅探訪はまた次回に。。。ということで、これがマモちゃん。

恥ずかしがりやのマモちゃんは「どうせブログに載せるんでしょ!」と言って顔を隠す。ホントは写りたいくせに~~。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+039_convert_20100727234318
ガラス越しにはいポーズ。
辭ア豬キ+038_convert_20100728134232
マモちゃんまたね~~。。。来年は7月30日にニューアカオを予約したから31日にお宅に泊めてもらいます。よろしく~。

ってことで帰りは新幹線で帰ろう。
辭ア豬キ縺ョ縺ッ縺ェ+040_convert_20100727235333

この後、帰宅途中にゲリラ豪雨に見舞われるだなんて誰が想像しただろうか。おまけに歯が痛くなり、松原の歯科に飛び込みで診てもらったら、いとも簡単に歯を抜かれてしまうのだ。いったい何の罰が当ったっていうの。。。?!

 

スポンサーサイト
いよいよ梅雨が明けた。今日は真っ青な空に真っ白な入道雲。カッと太陽が照りつけ、夏真っ盛りだ!
昔の私だったら手放しで喜んでいた。“俺の夏だ~~~?”って似合わない? どうせそうでしょうよ。でも昔は真っ黒に日焼けして夏が大好きだったの! 
 しかし、きものを着るようになってから夏が苦手になった。とにかくきものは暑いから普段ほとんど汗をかかない私でも、きものを着終わる前にビッショビショになってしまうのだ。夏にダウンジャケットを着るようなものといつも私は表現する。一時は夏が大の苦手になった。が、最近はあまり気にならない。なぜならば・・・夏にはよほどのことがない限りきものを着ないから。「辛けりゃ着なきゃいいじゃん!」子供って大人が思っていても言えないことをピシャリと言いやがる。生徒にこう言われて目が覚めたのだ。夏はきものを着なけりゃいい。目から鱗(うろこ)が落ちた。ということで、夏はきものと水着は着ない。これで決まり!


 きものを着るような所と水着を着るようなところには行かない私のこの夏ハマっていること。。。それは通院。
病院にハマってるってなんだかヘンなのだが、紛れもない事実。

 数ヶ月前、ホテル朋泉の美人女将(こうやって“美人女将”って書くと本当に問い合わせが来るからやめられない)に「先生血圧高いんじゃありません?」なんて恐ろしいことを言われて久しぶりに草加中央診療所に行ってから少しずつハマッてしまったのだ。まずは高血圧の薬をもらいに行くことから始まり、今まで数十年花粉症で通っていた耳鼻科もやめて中央診療所に鞍替えした。
闕牙刈荳ュ螟ョ險コ逋よ園+008_convert_20100718111827

私の花粉症歴は32年。まだ「花粉症」という言葉すらなかった頃、特に病院にかかるとか、薬局で薬を購入するという“ならわし”もなかった花粉症だから目も鼻ものども耳も穴という穴がみんなかゆくてかきむしった。くしゃみが止まらず、鼻が詰まっているのに鼻水が一瞬でツーッて垂れて落ちる。目から鼻から血が滲み、頭痛と嘔吐と睡眠不足に悩まされた。それから数年してようやく耳鼻科で診てもらうようになってから約二十数年、耳鼻科に足しげく通った。しかし、春はメチャ混みで、2時間3時間待ちはあたりまえ。子供はギャーギャー泣き叫び、その喧噪に打ちひしがれて作品制作意欲など遥か彼方へ消え失せ、その後会計に数十分待ち、おまけに最近では薬を外部の薬局にもらいにいく。よほど暇ならいいけれど仕事を持つ身には辛すぎる通院なのだ。中央診療所の宣伝をするわけではないが、長時間待たされることもなく、薬も会計のときにいっしょにもらえるから面倒がなくていい。市立病院も大学病院も耳鼻科で診てもらったら、内科は別に並び直す。しかし、街の病院ならば花粉症も高血圧もいっしょに診てもらえる。更に「なんだか風邪気味なんですけど~」って言えばそれも診てもらえるし、、、
そして、最近では足の方も中央診療所の先生に診ていただいている。
 私が足底筋膜炎で踵(かかと)が痛くなって早5年。草加近郊の接骨院や整骨院を何件も回った。スパイラルテーピング療法はテープの後が汚くて嫌だし、電気をかけても低周波をかけても冷やしてもマッサージをしてもどうもパッとしなかった。ここでもやはり電気だか低周波だかをかけるのはいっしょだが、冷やさずに温める。ふ~~~む。。。今までの病院と違うから効くかも。。。それに暫く治療をして効かなければ足に注射をするとおっしゃるのだ。やはりここに身を預けてみよう、ということで整形外科もこちらに鞍替えして週に2~3回通っているのだ。
闕牙刈荳ュ螟ョ險コ逋よ園+003_convert_20100718112458
電気だか低周波だかをかける機械


闕牙刈荳ュ螟ョ險コ逋よ園+004_convert_20100718112345
足を温めているところ。花柄のタオルが愛らしいじゃないか。
 
 玄関を入って、診察券を出し、「こんちくわ~」とか言っちゃってそのまま待つことなくリハビリ室へ。。。
リハビリ室は昔からおじいちゃん、おばあちゃんの溜まり場だ。みんな顔見知りになってあ~でもないこ~でもないってくっちゃべっている。まるで老人会だ。どういうわけかその老人会に自然に迎え入れられた私は最近みんなとそのあ~でもないこ~でもない会話に気がつくと加わっているのだ。これが結構楽しいひと時。あっちが痛いだのこっちが痛いだの、あらっ、それは大変! でも私なんかもっとひどいのよ~、、、って不幸自慢をしたり。
「看護婦さん看護婦さん、こっち終わった。」「看護婦さん、こっちもお願い」とか言ってけっこう看護師さんも忙しい。今では“看護婦”とは言わず、“看護師”と言うんだそうだが年寄りにはなかなか受け入れがたいのだ。どこの病院でもお年寄りが“看護婦”っていうとさりげなく“看護師”って言いなおしたりするけれどここは看護師さんもお年寄りに向かっては自分を“看護婦”と呼ぶ。正しいとか間違っているとか、新しいとか古臭いとか、そんなこと言わない。みんな気持ちが優しい。穏やかでにこやかだから自然にこちらも穏やかな気持ちになる。
穏やかでにこやかな美人看護師さん達と院長せんせーをご紹介。
闕牙刈荳ュ螟ョ險コ逋よ園+005_convert_20100718112026

そしてようやく今日のメインテーマ。(えっ? 今までのは序章だったの? 長過ぎ!)
この夏ハマっていること。
それはこれ。。。
闕牙刈荳ュ螟ョ險コ逋よ園+001_convert_20100718112657
(写真を撮っていたら看護師さんがすっ飛んできて上にかかっているタオルを慌ててきれいに整えていた。おちゃめだ。)何とかヘルサーっていうのかな? 全身マッサージ機。最高に気持ちいい。どんな風に使うかと言うと、こんな風。
闕牙刈荳ュ螟ョ險コ逋よ園+002_convert_20100718112547
マッサージはいい! 極楽極楽だ。最近ホテル朋泉の美人女将とイケメン若旦那に誘われてタイの古式マッサージにハマっているのも次回紹介しよう。

極楽極楽のマッサージ機を終えて半分寝ぼけて会計へ。。。
これが長年草加中央診療所を支える医療事務の寺内さん。
闕牙刈荳ュ螟ョ險コ逋よ園+007_convert_20100718112210
この人は何せ元号が平成に改まるずっと前からこの病院にいらした。そうそう、そう言えば、昭和から平成に変わった時、私はこの病院に入院していた。先生は今の院長の父ぎみ。右手人差し指を機械に挟んで落としてしまい、この病院でつないでいただいたのだ。その時にも事務は寺内さんだった。あの頃から全く変わっていない。私は見る影もなくなり、久しぶりに会った人には「山崎です」と言わなきゃ気づかれない。それほどの年月が流れたのに寺内さんは何も変わらずいつも同じこの場所で微笑んでいる。


これが私の近況と夏の過ごし方。現在ハマっていること。
今日から連休、晴れ渡った空に白い雲がまぶしい。木々が風に揺れ、蝉の鳴き声が耳に心地よい。
なんだかよいことあるごとし、だ。
2010.07.11 シシリーの風
最近気になる看板。

ピザ食べ放題!

昔々、早稲田予備校に通っていた頃、高田馬場のシェイキーズ(だったかな?)というピザ屋さんにクラスのみんなでよく行った。若い頃はいくら食べても太らなかったから「食べ放題」って言葉にチョー魅かれたのだぁ。
「カルソー(カレースパゲッティー)超大盛!」って頼むと、ホントに信じられないような超大盛が出てきた。学生街は量と安さで勝負だ! その頃は“超大盛”であって、”チョー大盛”ではなかった。今でも超大盛は正しい使い方だから“超”は漢字か。まぁそれはいいか。。。
 あの頃はちょうどバブルへGO!の時代で、ピザに限らずあちらこちらで食べ放題が豪快だったし、ディスコだって今のホテル並みのお料理食べ放題飲み放題だった。本当にあの頃が懐かしい。
シェイキーズは今で言うサラダバーのようなところにいろんな種類の大きく分厚く具沢山のピザがどんどん運ばれてきて、客はそこにハイエナのように群がって焼きたてをゲット。皿いっぱいに盛ってテーブルに運んだものだ。

 はてさて現在のピザ食べ放題っていうのはどんなものか、店の前に立ててある幟(のぼり)を見るにつけ気になる今日この頃。その店の名は「シシリーの風」。名前もいいじゃないか。場所も昔私が通っていた美容院のある敷地の一角だ。なんだかそっちの方も懐かしい。何が懐かしいかって? 髪があった頃が懐かしい、、、ってこら~~~!!!   私は若い頃友人が店長をやっている原宿の美容院に通っていた。玉村鉄雄という元祖カリスマ美容師。かのユーミンの専属美容師だ。若い頃ホンモノのユーミンを紹介してもらって感激したものだ。(話がどんどん横道にそれてしまうま)(今日はおかしい) しかし、その美容院、まず髪を洗った後、濡れた髪のままで洗髪場から自分の席まで歩いて戻るのだが、ありとあらゆるところに鏡が張り巡らしてあって、そこに濡れて寂しくなった髪のみすぼらしい自分の姿が映し出されるのを見てある時愕然とし、通うのをやめた。そして草加のmod's hair(モッズ・ヘア)に。。。そこも店長がとても上手でよかったのだが、二号店三号店と店舗を増やし、本人は経営に専念して切らなくなったので、今度はJacques Dessange(ジャックデサンジュ)に鞍替え、その担当の小林君が独立して開いたのが、VenT(ヴァン)。
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+054_convert_20100708120602

その敷地には今流行のしゃぶしゃぶ温野菜。とドラッグストアー。
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+056_convert_20100708120716

そして、ようやく横道から元の道に戻ってシシリーの風。「ピッツァ食べ放題」の幟がはためいている。
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+055_convert_20100708120747

よかった。。。話がどんどんそれて行くからどうやったら戻るのか心配した。

さて、店の中は、、、
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+052_convert_20100708121025
しゃれたカンジで好感触。私のお気に入りの“馬車道”の系列店らしい。


さぁて、何にしようかなぁ。。。
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+050_convert_20100708120922
メニューも以外にリーズナブル。私は上から二つ目のBランチ(お好きなスパゲッティ+ピッツァ食べ放題+ドリンクバー)を注文した。

最近あまりピッツァは食べていなかったけれど、昔と違ってどんどん薄く具も少なくなっているカンジがした。
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+048_convert_20100708120816
味はバッチリ! おいしいー!

繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+045_convert_20100708122328

次はこれ。
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+053_convert_20100708121050

スパゲッティーは揚げナスのミートソース。これもソースたっぷりで非常に美味だ。
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+051_convert_20100708120958

もうお腹いっぱいになったが、ピッツァはどんどんいろいろなおいしそうなのが運ばれてくる。
結局5枚も食べてお腹が膨れ、ズボンのボタンをはずし、シャツの裾で隠し、もう一枚・・・ときりがないから
繧キ繧キ繝ェ繝シ縺ョ鬚ィ+047_convert_20100708122408

こんな札を出して、一休み。 いやいや打ち止め~。

食べ放題って言ったって、私なんかは一回に食べる量が少なくなっているから「食べ放題」ってほどは食べられないけれど、それでも「損した感」はない。金額がリーズナブルだからピザ数枚で元がとれる計算だ。食べ盛りの若いお兄さん方には特にお勧め。私も通っちゃいそうだ。場所は昔のトクホン工場の跡地のお向かい。
シシリーの風は関東各県に店舗があるらしい。
http://www.bashamichi.co.jp/modernpasta/list.html
鬼怒川温泉ホテルのメインダイニングに飾る作品が完成した。
縦約150センチ、横約200センチの大作だ。
その大きな紙はどうするか、書道用の紙ではない和紙で書いてほしいとの依頼だ。
ホテルのある栃木県の名産に烏山(からすやま)和紙というのがあるので、早速金谷夫人が買いに行かれて何種類か買って来てくださった。薄い茶色で、木の風合いがそのまま残る趣のある紙だ。元々その大きさの紙は一枚しかなかったとかで、あとはその四分の一の大きさの物を張り合わせて作った。更には色柄の和紙をビリビリっと手で破り、張り付けて継ぎ紙に仕立てた。
紙を広げると一部屋に二枚がやっと。書いた紙は別の部屋に広げて置いておく。この二枚が乾かないと重ねられないから次の二枚が書けない。ということで場所の関係で時間がやけにかかってしまった。
譛晞。泌ク・001_convert_20100706145048
※この画像、向こう側に小さく我が家の愛犬スズリが写っているのがおわかりだろうか。犬と比べると作品がどれだけ大きいかお分かりいただけると思う。




お題は「結旅」(ゆいたび) 鬼怒川温泉ホテルのキャッチコピーだ。旅を結ぶ。この旅が出会いやご縁をしっかりと結びますように。そんな意味と願いをこめて書かせていただいた。
この作品が鬼怒川温泉ホテルのメインダイニングの壁にド~ンと飾られる日も近い。
譛晞。泌ク・002_convert_20100706145138


この作品が納まるところに納まった後、うまく事が運べばメインロビーの正面の壁に「結旅」の倍の大きさで作品を書くことになる。お題はまだ未定。そちらもまた楽しみだ。。。皆様、乞うご期待!
7月3日(土)の足立でのおけいこで小林先生と長谷川さんが「明日は松原で朝顔市ですねぇ。あぁっ、山崎先生のおうちのあたりですよ。」って話しておられる。もちろん私にも聞こえている。そうかぁ、朝顔の季節だな~。夏の朝は朝顔だ! 最近は年のせいか(いやそんなはずはない)朝は早く目が覚めるが、若い頃は朝が苦手で、仕事に出かけるギリギリになんとか這って起き、半分寝たまま出勤するような低血圧症だったから朝顔を植えても花にお目にかかることがなかった。そんな感じだからお休みの日には起き出した時にはもう既に花が萎(しお)れてしまっていた。昼顔なんてないの~? 夕顔の方がいいなぁ~。とか言っていたが、どうやら昼顔も夕顔もあるようだ。
100706_1524_01_convert_20100706155259.jpg
※この画像はたった今撮ってきた画像だから昼顔だ。。。たぶん。

更に言えば夜顔だってあるのだそうだ。しかし、どれも朝顔のように色が豊富で鮮やかではないのだ。せっかくだからきらいな花がほしいな~。 そうだ! 明日、朝顔市に行ってみよう!!


と言いながら夜更かしをしてしまい、寝床に着いたのが3:30。 明朝は朝顔市なのに今から寝て起きられるのだろうか。。。と後悔したが、それが自然に起きられちゃうのが年のせいなのだ。(やっぱり?)


 スズリのお散歩がてらブラッと出掛けてみた。
譛晞。泌ク・006_convert_20100705185640

朝も早よからけっこうな人出だ。
譛晞。泌ク・015_convert_20100705185458

ほんの1キロ南に住んでいるだけで出くわさなかった景色や催し物に触れて、新鮮な感覚だ。

朝顔だけでなく、最近流行りの地の物。
いんげん、大葉に小松菜。
譛晞。泌ク・013_convert_20100705190322

飲ん兵衛御用達の枝豆。
譛晞。泌ク・012_convert_20100705185919

草加せんべい屋が焼くいそべ餅。 草加せんべいの焼き方を生かして絶妙な焼き加減なのかなぁ。。。
譛晞。泌ク・014_convert_20100705190415

ということでピンク、紫、薄青、エンジの4色混合の鉢を買った。
これは“あさがお娘”さん。
譛晞。泌ク・016_convert_20100705190515

“ミス草加せんべいさん”も応援に駆けつけて盛大な草加朝顔市だった。

今日は浅間神社(せんげんじんじゃ)もお祭りだ~い! ってちょうど神輿(みこし)の宮入りの時間にゲリラ豪雨。昨年はなかったけど、2年前にはよく降ったゲリラ豪雨。今日の宮入りはどうだったのだろう。清めの雨はあまねく一切を洗い清めてくださったのだろうか。。。清く正しく美しく・・・・・最近聞かなくなったこの言葉、私の座右の銘なのだ(*^_^*)オホホ。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。