上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜の今日の様子をご報告(開花は1%くらいかなぁ。ほとんど開いていないに等しい)
110330_1325+01_convert_20110330210419.jpg

今日もその他の花々を紹介しよう。

まずはラッパ水仙
110330_1724+01_convert_20110330210509.jpg
今日は私の失態。デジカメを忘れてきてしまったから携帯のカメラにて。。。風が吹くからうまく撮れない。

こんな水仙も咲いている。初めて見る水仙だ。やけに豪華だが私は上のオーソドックスな水仙の方が好きだなぁ~。
110330_1723+01_convert_20110330210634.jpg

椿
110330_1724+02_convert_20110330210715.jpg

そして雪柳(これは今は亡き親友篠原義久くんが一番好きと言っていた花。昨年まで住んでいた家の庭にも咲いていて私も大好きな花。)

ところで・・・・・美しい花の話題は放射能の話題に移る導入にしては無理があるか。。。
福島第一原発から漏れた放射性物質が金町浄水場から検出され、水の恐怖を感じる今日この頃。金町浄水場と言えば、我が家から一番近い浄水場だからやっぱり気になって仕方ない。水を手に入れようと思っても売っていないから困っていたら、ダンサーの市川君が走り回ってかき集めてきてくれた。しかし、その水だってあっという間に使い終わってしまう。そうしたら北斗文化学園の先生方が水を送ってくださった。それにしてもいつまでも人に頼るわけにもいかないし、どうしようかと思っていたら、ホテル朋泉ではシーガルフォーという浄水器を導入したらしい。これは家庭用と業務用があって、放射性物質が完全に取り除かれるらしい。私も買おうかとインターネットで調べてみたら家庭用で10万円~20万円くらい。業務用で30万~40万くらいとかなんとか書いてあった。おまけに交換フィルターが2万円もするからちょっと。。。。。いざとなったらホテル朋泉に水を盗みに入ろう。。。
スポンサーサイト
震災から半月が過ぎた。多くの方々が被災し、多くの方々が支援に立ち上がっている。過去にも何度か支援が必要な場面に出くわしたが、特に“私も”立ち上がるっていう積極的な支援、応援には至らなかった。阪神淡路大震災の時にも、新潟中越地震の時にも、アメリカ同時多発テロの時にも、募金や支援の活動は盛んに行われていたし、有名芸能人がいくら寄付したなんて話を聞いたが、“私”には少し距離があって、街で募金を訴えるボランティアの募金箱の穴に百円玉を一つ落とし入れたにすぎなかった。

 しかし今回だけはさすがの冷血な山崎もひとつ力になれればと微力ながら立ちあがった。(ホントは頼まれたからそれを機にほんの少し活動したにすぎないのだが)

とうことで友人がボランティアで宮城に支援物資を届けるので、私も知り合いに声をかけてみたのだ。しかし、多くの家では既に支援済みだった。町会に依頼されて、商店会に頼まれて、青年団が集めに来て、、、ともう他の団体はとっくに活動していて既に何度も物資を出しているからもう出すものがないという人がほとんどだった。それでもなんとかある程度集まり、決して“他人事”に出来ない災害の大きさをしみじみ思い知らされた。被災地の方々のためにというだけでなく、「これで先生の顔が立つでしょ」といって新品を購入してくださった方もいらして、ありがたい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいだ。



これが物資を引き取りに来てくれた池田真也君
豎�逕ー逵滉ケ溘��陲ォ轣ス蝨ー縺ク+008_convert_20110330170937


結局この支援の輪は2トン車三台分になり、4月1日に宮城に向けて出発するという。余震に負けず、放射能も恐れず、向こうで復興のお手伝いもしてくるらしい。立派だなぁ。ほんの少しでも私にそのお手伝いをさせてくれたことに感謝。くれぐれも無事に大役を果たしてきてくださいね。
2011.03.29 被災地草加
私の父の実家は茨城県石岡市。地震後電話をしてみると、「石岡の駅はグニャグニャだどぉ。しばらくは電車も動かめぇよ。こっちも水が出ねぇで困ってっけっと、みんな無事だからだいじゅだっぺ。」
というので、すぐに水を送ってやろうとマツキヨ、ドンキ、コンビニと走ったがどこにも水がない。はてさてどうしよう。そうだ! いろんな人と親しくしておくものだ。コンビニをやっている家とも仲良くしているし、今のお稽古場の大家さんもお弁当屋さんだからお水は分けてもらえるだろう! と早速電話してみたが、水はどこにもない。
 そんな中、大阪の泉井美人姉妹から電話。「やまちゃん、生きてるぅ? 何か必要なものがあったら送るから言ってな。」何か困ったことがあると必ず電話をくれるスーパーマンいやスーパーウーマンからちょうどいいところに電話があった。「うちの田舎に水を送ってほしいんだけど、お願いできる?」「水? こっちやったらいっくらでも水あるで~。わかった、送ったる! まかしとき!!」とまあ話は簡単。大阪の人はスカッと簡単でいい。しかしその後折り返し電話があり、「水はあるんやけど、宅急便が石岡市には送れないんやて。ごめんなぁ。」ということで、結局水は送れない結果となった。
それで、その水はどうするのか。「じゃあ、うちに送って~。」「わかった、草加に送るわ。」し、しかし・・・・・「あんなぁ、宅急便のお兄さんによるとな、草加にも送れんのやて。」
、、、、、、え、、、、?  草加も被災地だったの?
2011.03.28 サクラサク
昔は東大の合格発表は電報で「サクラサク」または「サクラチル」だった。  らしい。
今はどうなんだろう。 まぁ関係ないか!

東日本大震災で被災地の方々が辛い思いをし、被災地外の私たちも贅沢は敵、華美な装飾も控える傾向にある中、着実に春は近付き、桜前線も西日本から東日本に移ろうとしている。といっても被災地の桜は津波で流されてしまったろうし、かろうじて木は残っても蕾は落ちてしまったに違いない。せめて残った桜が力の限り咲き誇り、うつむいて歩く人が上を向いて歩けるようにたわわな枝を広げてほしい。

今日は東京にも桜の開花宣言が出された。こちらの桜はどうかとちょっと外に出てみると、咲いていた。
sakura+018_convert_20110328145900.jpg
たった一リンだが可憐にその花を広げている。
sakura+020_convert_20110328150008.jpg


他の桜は
sakura+017_convert_20110328150309.jpg
もう少しで開かんばかりだ。しかし、まだ多くは先日の画像のように色づく前のようだ。


タンポポだってよく見るとこんなにきれいに咲いている
hatsuyomikomi+011_convert_20110328162454.jpg

菜の花だって
sakura+025_convert_20110328162639.jpg

こんなにちいさな花だって春の息吹をいっぱいにうけて毎年間違いなく可憐な花を咲かせてくれる。
sakura+026_convert_20110328162805.jpg


私達は自然災害や、それぞれの事情で先の見えない時を過ごしたりもするが、良くも悪しくも時は流れ、花が咲き、実を結ぶ。目の前に起こる辛い事実に目をそむけては見えるものも見えなくなるが、せめて草花に目を向け、ほっと一息つこう。
桜の満開も爛漫の春もすぐそこまで来ている。
未曾有の災害に襲われた私たち日本人の行動は逐一世界に報じられ、それは望むと望まざるとにかかわらず、評価の対象になっている。
配給の列に静かに並ぶ日本人の様子や、せっかく並んでも自分の前で物資がなくなった時に怒らず騒がず黙ってあきらめる日本人の様子、海外ではこんな時に暴動がおこったり、略奪がおっこったりするところそうならない我慢と秩序の日本人を見て感心しているそうだ。
海外では既に近づかないレベルの原子力発電所に東京電力の社員は多数残って命がけの復旧作業を行っている。
日本人というのは本当に粘り強く冷静で、勇気と責任感に満ちた国民だ。
私は日本人に生まれて本当によかった。これからも誇りを胸に生きて行きたいと思う。
こんな時だから日本中の桜祭りが中止になっている。
桜祭りは中止でも桜は咲く。
こんな時だからこそ桜が心を和ませてくれる。
「桜の花の下での宴会はお控えください。」という看板が立っているが、これはこんな時でなくても常にお願いしたい。上野に展覧会を観に行くと桜の季節には酒とビールと吐物の匂いで上野の山が包まれている。どうして吐くまで飲むのだ。桜は静かに眺めるものではないのか。

震災に身も心も疲れきっている被災地の方々や、そして日本中の心を痛めている方々を癒すべく、今年も美しく開花してほしい。

これは毎年この辺で一番に咲くソメイヨシノの蕾の今日(3月25日)の様子。
縺輔¥繧峨・阨セ+031_convert_20110325192843
この桜は靖国神社の開花宣言の基準木よりも少し早く咲く。


その隣りの桜。これはだいたい基準木といっしょだ。桜色に色づいた蕾とまだ黄緑の蕾が混在している。
縺輔¥繧峨・阨セ+037_convert_20110325193009


そしてもう一本。ほとんど色づいた蕾はないが、よくみると真ん中の奥の方に桜の花が見える。
縺輔¥繧峨・阨セ+044_convert_20110325193118


こんな時だから・・・・
こんな時だから・・・・・・・・さくらが待ち遠しい

3月11日の東日本大震災以降、私はブログを更新していない。
何を書いても「風評」になってしまうからである。
「買い占め」について、「避難」について、「放射能レベル」について、いろいろと私なりの考えもあり、ひと言もの申したいのは山々。しかし、証拠もないことであれこれ書いたためにそれを読んだ人が水を買いに走ったり、ガソリンや米を買い占めたり、野菜を買わなくなったり、地方にあるいは外国に避難したりといった少なからぬ影響を与えることになっては困るから更新は控えてきたのだ。今日は風評に繋がらない内容の私個人のことをひとつ取り上げて書きたいと思う。

 私は地震の時、ある放送局にいた。蛍光灯が大きく揺れ、消火器が倒れ、棚の上の物が落ち、机が動いた。私はすぐに扉を開けて避難口を確保。身内の安否を確認すべく、揺れいている最中に電話をしたがつながらない。さらに長い揺れが続く。揺れが始まった時刻をメモし、被害状況を箇条書きにするべく周りを見回した。しかし、まだまだ揺れが収まらず見て回るわけにもいかない。非常時に携帯が繋がらないのは過去にもあったこと。しかたない、暫く様子を見よう。。。
そこに携帯が鳴った。表示には「牛飼世麗(うしかいせり)本人」と出ている。私の教室の生徒小学4年生だ。
電話に出ると、
「先生? 大丈夫ですか?」
あぁ、まだ揺れが収まらないうちに私の安否を気遣って電話をくれたのだ。
私は大抵の非常時にもほとんど慌てることはない。燃えさかる車の消化にあたったり、転落した人の救出、交通事故のけが人救出、数えきれぬ非常事態に遭遇しては落ち着いて対処してきた。
今回の地震だってこちらの揺れは震度5強。震源の宮城や福島、茨城の揺れと比べればなんてことはない。私はこれくらいではビクともしない。と思っていたのだが、せりちゃんからの電話を受けたら急に弱虫になって涙が溢れた。

あれから二週間、昨日教室で本人と久しぶりに会って聞いたら、そのあと家族に電話したが誰にもつながらなかったそうだ。家族よりも先に私に電話をくれたのだ。私は感激で胸が熱くなった。
縺輔¥繧峨・阨セ+006_convert_20110325163039
ありがとね、せりちゃん。先生はせりちゃんの先生でよかった。せりちゃんも無事でよかった。まだまだ地震は続いていて恐いでしょうけど、どうかケガをせず、放射能もこれ以上漏れず、もう恐い思いをしないように心から祈っていますよ。

今日のお稽古はみんなから被災地のみなさんへの応援メッセージを書いた。

まずはせりちゃん(小学4年)
縺輔¥繧峨・阨セ+007_convert_20110325163142

横田龍平君(小学4年)
縺輔¥繧峨・阨セ+013_convert_20110325163714

山里涼太君(小学3年)
縺輔¥繧峨・阨セ+015_convert_20110325180333

山里友希ちゃん(小学5年)
縺輔¥繧峨・阨セ+012_convert_20110325163551

佐々木ひろ子さん
縺輔¥繧峨・阨セ+011_convert_20110325163423

横田有喜子さん
縺輔¥繧峨・阨セ+010_convert_20110325163307

山里直子さん
縺輔¥繧峨・阨セ+016_convert_20110325163930

中島玉櫻さん
縺輔¥繧峨・阨セ+014_convert_20110325163815


今回の震災では今まで映画のCGでしか見たことがような惨状を実際の映像で見ることになった。9・11でも映画のワンシーンのような旅客機が高層ビルに突っ込む映像を見て、一生忘れえぬ記憶に刻んだが、今回の震災も3・11として私達は一生忘れない。日本は過去関東大震災、第二次世界大戦、阪神淡路大震災、新潟地震と大きな不幸を乗り越えるたびに急速な発展を遂げ、世界のトップクラスの経済力を築いてきた。言いかえれば日本経済は逆境があったからこそ発展してきたと言える。近い未来、道路や建物などの復興にあたり、建設業界を初め、日本中の企業が活性し、更には再びバブルが来るに違いない。今はまだ行方不明の方々の捜索や被災者の方々にあっては食べるものすら行き届いていない現状だが、未来は決して暗くはないのだ。今を生きることで精いっぱいの私達だが、明るい未来を想像しよう。きっと力が湧いてくるはず!


ご心配のお電話、メールをありがとうございます。私は無事です。 昨日午後2:46頃東北を震源とする大きな地震が発生しました。
こちら東京、埼玉でも大きな揺れを感じました。私は無事ですが、電話もメールも不通になっているため、多くの方にご心配をおかけしております。朝方05:30に何通もメールが来たので読んでみるとどれもご心配のメール。それも昨夜9時間も前に送信されたもの。ということはまだまだ到着していないメールや電話もあるのだろうと、山崎秀鴎の無事をこのブログでのご報告を思いつきました。パソコンのメールは繋がっているようですからご連絡はそちらの方にお願いいたします。

 こちらでは固定電話、携帯電話だけでなく、交通機関も不通になっておりますから、私も帰宅難民です。自宅に残してきた愛犬スズリが心配でなんとか連絡がとれたペットシッターさんに様子を見てきていただきました。スズリは無事だけれど、姿見(大きめの鏡)が倒れて割れ、筆掛けや筆壺が倒れて部屋中に筆が散乱していたらしいです。ここだけの話、筆が部屋中に散乱している様子を想像したらおかしくなって笑ってしまいましたが、こんな時に不謹慎と口を閉じました。部屋はペットシッターさんに片づけていただき、私はなんとか今日は一旦帰宅して足立のお教室に行かなければ・・・と交通機関の一時も早い復旧を祈っている状況です。

 とにかく山崎秀鴎が無事であることをお知らせしようとブログを使用しました。

末筆ながらこの地震でお亡くなりになられた方、お身内を亡くされた方におかれましては心よりお悼み申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。