上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.31 出産ラッシュ
最近どうやら出産ラッシュの様相。これは全国的になのか私の周りだけなのかわからないが、“なんとなく今年はよいことあるごとし”、と啄木のうたを思い出す今日この頃だ。
今年は春から縁起がいいわい。

この命名は昨年三月にお生まれになった子だが、最近ご依頼くださって、書きあげたばかりなのでご紹介しよう。
「煌大」(こうだい)くん。大いにきらめく素敵なお名前だ。
闕牙刈繝溘Η繝シ繧ク繝・け繝輔ぉ繧ケ繝・ぅ繝舌Ν+006_convert_20120131163312

その他1月20日生まれの「辰侍」(たつし)くん。辰年の侍ですよ、カッコいいじゃありませんか。

「橙真」(とうま)くんも明るくきれいなお名前。脳裏にだいだい色が浮かんで、オレンジの香りまで広がるような気がする。フレッシュな感覚が五感に訴えてくる佳いお名前だ。

更にもうお二人、今月お生まれになるからとご予約いただいて待機している状況だ。

今のところ私には特になぁんにも良いことはないが、周りから幸せの兆しがこぼれてきて、幸せになれそう!

ということで、私は元気です。最近ブログを更新していないもんだから何かあったのではないかとご心配の電話をくださった方々、どうぞご心配なく。

私 「ありがたいですねぇ、ちょっとブログをサボっただけでこんなに心配してくれる人がいるっていうのは・・・。」

飛べない黒豚くん 「いやあ、、、年寄りの一人暮らしは何日も発見されないことがあるらしいから。。。」

って おいっ!
スポンサーサイト
2012.01.18 今月の標語
なんだか最近目標とか標語とかの話題が続いて申し訳ない。
やっぱり年が改まると周りにこういう言葉が多くなるからどうしても目につくのだ。
カレンダーに書かれているのが

明日を明るい日にするには 今日を精一杯生きることである
螻ア譛ャ莠泌香蜈ュ縺ョ縺薙→縺ー+005_convert_20120111101501
ふ~~~む、そうかぁ。。。「明日」って言うのは「明るい日」と書くんだなぁ。。。
せっかくだから明日は明るい日にしたい。
だから今日を精一杯生きるとしよう。

と言ってるそばからなんだか眠くなってきた。大寒を目前に控えた寒い一日だけれど、部屋はポカポカ暖かい。ちょっとだけ昼寝しちゃおうっかな。。。
相変わらず他人に厳しく自分に甘い。頑張れない私なのであ~る。
足立の中島先生のお稽古場ではいつも中島先生がおっしゃる言葉をその場で私が書いて窓に張るのが毎月の習慣になっている。もう何十年になるのだろう。。。生徒たちが半紙に書いた作品がいっぱいに飾られている中、窓一枚分に私の字を大きな紙に書いて飾るのだ。

1月は特別に二枚飾る。
まず一枚目からご紹介しよう。(写真を表から撮るのを忘れてしまった)
翔龍(辰年だからお正月のおめでたい言葉としてはピッタリだ。)
螻ア譛ャ莠泌香蜈ュ縺ョ縺薙→縺ー+002_convert_20120111102108


そしてこの一枚。

ほめてほめて
 ほめてやらねば
人は動かじ   山本五十六
螻ア譛ャ莠泌香蜈ュ縺ョ縺薙→縺ー+001_convert_20120111100710

まさにその通り。中島先生の教育理念そのものだ。私も中島先生からほめてほめて ほめちぎられて、うっかりその気になって頑張ったら書家になってしまったのだ。ほめられると頑張る事が苦じゃなくなる。楽しくなるのだ。

 12月に封切られた映画、「聯合艦隊司令長官 山本五十六」が今ちょうど話題になっているところにこれをお選びになるところがニクイ! 中島先生は人の興味をそそる術(すべ)を熟知していらっしゃる。私もこの言葉を実践してここまで教えてきている。しかし、これって生徒に対してはいつも心がけているのだが、平素の生活の中ではなかなか実践できていないのが現実だ。いつも自分の事ばかりを主張し、なんとか自分の立場や意見を理解してもらえるようにと思うばかりで、他人を理解し、ほめることを怠ってしまっている。
“ほめる”ということはとても難しい。今年はこれを目標に掲げ、ほめてほめてほめまくっていくとしよう。しかし、嘘はつけない。よくもないところをほめては、信用をなくしてしまう。本当によいところを見つけてほめなければ私の言うことなんて誰も当てにしなくなってしまうではないか。人の長所に目を向け、的確に理解し、ほめよう。

 そんなことをブログに書いていると、ちょうど今ラジオでどこだかの大学の先生が「短所を補う教育よりも長所を伸ばす教育の実践が大切」なんて言っている。すごい偶然だ。やっぱり今これを取り上げるべき話題だったに違いない。
皆さんも是非周囲の人をほめてあげてください。きっといい成果が出るはず

 
例年、年末年始には子供たちの書初め大会の対応に大急がしだ。

足立区の学校ではまだ発表されていないが、草加の学校では12月に早々選手を選んで毎日放課後学校に残って特訓している。我が教室ではほとんどの生徒が選手に選ばれ、学校の代表として日々頑張っている。
足立の方は更に毎年ほとんどの生徒が選ばれているからこの後の発表が楽しみだ。
螻ア譛ャ莠泌香蜈ュ縺ョ縺薙→縺ー+004_convert_20120111100524
これは先日足立の教室で生徒が書いた作品を張りだしたもの。
草加から足立まで通ってくれている子がいるから小さい紙の作品も混じっている。

「強い信念」 私にはちょっと欠けていたかな~、、、なんて考えさせれらてしまった。
「不屈の精神」 え~っ、、、私には無縁じゃない? って思えるほど遠いところにある言葉だった。
「夢の実現」 あぁ、とうとう私の夢は叶わなかった、、、と既に過去形で考えている。
いやいけない!!! 何を言っているのだ。今年は復興の年! 日本全体が力を合わせ、絆を大切に例年以上に頑張る年なのだ。私だって今年は頑張らなければ。そうだ、決めた。今年の年頭の目標は

強い信念と不屈の精神をもって夢を叶える!

これで行こう。
毎年たくさんの年賀状を頂戴し、感謝感激雨あられ。

その年賀状を評価するだなんて誠に失礼千万なのだが、“ごめんなさい”と心の中で手を合わせ、毎年「年賀状大賞」を選ばせていただいている。
いつもは自分の心の中で選ぶだけで、発表などしていないのだが、今回の大賞は二年連続だからここにご紹介しようと思う。(ご本人に非通知)

IMG_convert_20120104000145.jpg
                               山和子さん画

これは昔ながらの版画だろうか。
とても手が込んでいて、これだけにするには幾重にも重ねて刷らねばならない・・・のだろう。ずれないように、色ムラが出ないように、細心の注意を払って仕上げている。
テレビで見た張りぼての龍が玉を追いかける中国の伝統芸能を描いた絵だろうか。ジャラジャラガチャガチャと聞こえてきそうだ。辰年にこの図柄の選び方もいい。

時間と労力を惜しまず、高い技術とセンスで仕上げたこの今年の年賀状大賞作品を額に入れて飾るとしよう。
12月20日の記事「積んだ功徳とこぼれる功徳」でご紹介したが、友人の拓郎さんが持ってきてくれた“空海”のDVDを観てから空海にはまってしまった私たちは11月の展覧会が終わったら京都に行こう! と言いだした。言いだしたのはもちろん私。。。
拓郎さんは
「いいねぇ、いつ行く? 急に言われても休み取れないよぉ。」
と腰が重い。
私は
「年末年始!」
と即刻答える。
しかし、じじいは
「えぇ~、、、京都の冬は寒いってよぉ。。。」
と言っておじけづいている。
私は、「何を言ってやがるクソじじい! 北海道利尻出身で寒いのが苦手かい!」
と檄(げき)を飛ばすと、
「年をとると寒いのはダメなんだぁ~。」
と弱気なことを言いながら、とうとう渋々了解し、なんとか年末に休みを取っていっしょに京都に行くことになった。
その「積んだ功徳とこぼれる功徳」に書いたように「法然と親鸞展」も見に行ってしまった私は、なおさら京都の本願寺にも行ってみたくなり、居ても立ってもいられない心境だったのだ。私の家は25年前に母が亡くなった際に互助会の方から紹介されたお寺がたまたま浄土真宗だったから浄土真宗なわけで、信仰が厚いわけでも功徳を積んでいるわけでもない。が、51年生きてきて初めてそんな気になったのだから今大切にしたいではないか。

しかし、展覧会が終わり、師走の声を聞くとだんだんその熱も冷め、おまけに気温もどんどん下がっていくものだから拓郎じいさんも私もいつのまにか京都旅行は忘れてしまった。

1月2日
私が拓郎じいさんに電話をすると
「ハロ~」
と電話に出た。
私は
「ハッピーニューイヤーじゃないの? 明けましておめでとう。」
と言って二人はなんとなく笑った。
私「初詣行ったぁ~?」
じじい「行ってなぁい。この正月はさ、なぁんかダルくてさ、どっこにも出てないのさ。」
私「具合悪いの? 大丈夫?」
じじい「いや、別に病気じゃないんだけどね、なぁんか何をするのもかったるくてさ。」
私「ずっと誰とも口きいてないの? 余計ボケちゃうよ。」
と注意を呼び掛け、翌日いっしょに初詣に出かけることになった。と言ったって簡単に誘いに乗ってきたわけではない。
「今日は風が強くて寒かった」とか「遠くではかったるい」とか「みんなと待ち合わせるのはダルイ」とか「混んでんじゃないの」とかいろいろ言いやがるから
「じゃあ、明日の昼ごろ、二人で一番近い西新井大師に行こう。たこ焼きの出店とかが出てて楽しいよ。」と言う案を出して、奴がようやく飲んだといういきさつだ。年寄りを扱うのは大変だ。
ったく“寒い寒い”ってホントに北海道出身者は寒いのに弱くて困る! 私は北海道出身じゃないけど寒いのは苦手だ。なんのこっちゃ。

1月3日昼
拓郎さんの住む駅からも私の住む駅からも2~3駅の近くに関東三大師の一つがあるのだからありがたい。
P1030295_convert_20120103193310.jpg

拓郎さん「へ~、西新井大師って初めて来た。」
近くに住んでいてもなかなか行かないものだ。私は子供のころからよく行ったものだったが。。。

それより私は食い気の方だ。もう駅からお大師さんの参道に並ぶ時点で早たこ焼きを食べた私は、焼きそば、イカ焼き、カルビ焼きを平らげていた。
P1030298_convert_20120103193505.jpg

拓郎さんも焼き鳥とイカ焼きを頬張り、穏やかな陽ざしの中、あれだけゴネた割には「来てよかったねぇ。」とかなんとか言ってけっこうご満悦だ。
さらに私は、偶然近くだから西新井大師に来たのだが、そういえば、わざわざ京都まで行かなくても空海ゆかりのお寺に来ていることに気がついた。ずいぶんいろいろ遠回りの会話を繰り広げたが、ここで正解だったのだ。
今年は春から縁起がいいわい。





2012.01.02 謹賀新年
明けましておめでとうございます。
昨年は未曾有の大災害に見舞われ、日本中が重く暗く沈んだ年でした。
今年は心機一転、よい年になりますように心からお祈り申し上げます。


遘?魘取ァ伜ケエ雉?迥カ_繝上ぎ繧ュ_convert_20120102094939



本年もご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
                    秀鴎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。