上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホイットニー・ヒューストンが亡くなった?! ってホント?
whitny1_convert_20120214164737.jpg

私が知ったのは2月12日(日)の午前中。友人がメールで知らせてくれた。が、今日は多くの予定がかちあってメチャメチャ忙しい日なのだ。ホイットニーは私のバイブルみたいなシンガーだからすぐにニュースを確認したいのは山々なれど、とにかく支度を整えて私は出掛けた。
すると、次から次にいろいろな人から「ホイットニー死んじゃったよ」とメールが入る。真っ先に私に知らせたという人に「どうして私に知らせたの?」と聞くと、「カラオケでも結婚式でもホイットニー歌ってたから、どうしてもホイットニーと聞くと先生思い出しちゃって。」と。。。そういえば私は身の程も知らないでホイットニーをよく歌うのだった。コンサートだって何回行っただろう。ホイットニーが来日する度に応援に行ったものだ。


 電車の中で携帯でYahooニュースを確認してみると
“グラミー賞出演のため、ビバリーヒルズのホテルに滞在していたホイットニー・ヒューストンさんがグラミー賞発表の前日、ホテルの客室で死去”と書かれている。やっぱりホントなんだ。

ん? ビバリーヒルズのホテルってビバリーヒルトンでは?と咄嗟にそんな気がした。それじゃあ杉浦シェフは大変なんじゃないのかなぁ。 と気になって、あろうことかシェフにメールを打ってみた。後で考えればそうでなくても忙しくて てんてこ舞いに違いないシェフにメールだなんて。ったく私ったらダメな お・や・じ !
しかし、予想に反して返事が返ってきた。
杉浦シェフ「ホイットニーの件はイベントが始まる2時間前に私の耳に入りました。皆さん悲しくてお食事にはほとんど手をつけられずにいたので心配しましたが、なんとか歌いこなして、イベントも無事に終えられたのでホッとしています。」とのこと。
また「私の仕事は毎日世界ニュースになるくらい、いろいろなリスクを抱えている真剣勝負の世界です。昨日香港のテレビに出演していて、“本当に大変ですね”と言われたけれども私自身はあまり“大変だ”とは感じていません。明日はオバマ大統領をお迎えし、同時に大手企業の国際会議、週末にはオスカー関連のイベントがあるので、ただただ与えられた仕事をこなしていくだけです。」というようなことだった。
彼にとっては私達が一生に一度経験するかどうかの大きなイベントを毎日毎日迎えているからそれらを淡々と受け止め、着々とこなしておられる。そんなお忙しい中、私のミーハーなメールにご返信いただいて誠に恐縮です m(__)m


東京ドームでのコンサートを私が観に行った際には、当時夫だったボビーブラウンも出演し、ホイットニーが着替えている間世界のボビーが歌って繋いでいた。ずいぶん贅沢な繋ぎだった。私達は「ボビーの歌も聴けちゃって得した気分だね。」なんて言いながら会場を後にしたのだが、後で考えてみると、結局麻薬中毒だったボビー・ブラウンと結婚して、夫に引きずられて麻薬の中毒になってしまったのだ。ハワイの空港で検挙されて、そのまま逃げてしまった事件をついこの前のことのように思い出す。しかし、あれも2000年だからもう12年が経ったのだ。その後もボビーが何度も薬と暴行で逮捕され、彼女もボビーにDVを受けていたことから精神安定剤、睡眠薬、麻薬におぼれ、何度も厚生施設に入っているのだ。そして、結局最期は酒で安定剤を喉に流し込んで入浴し、バスタブで寝入って溺死。世界の歌姫が一人のバカな男に身を滅ぼされてしまった。
逆にボビーだって哀れだ。妻のあまりの才能と歌唱力に打ちのめされて身を持ち崩したに違いない。
才能もあまり持ちすぎると不幸を招く。私は普通でよかった。持て余すほどの才能を与えてくれなかった神様に、お礼を言うとしよう!少しだけ皮肉を込めて・・・。
神様、有り余る才能をくださらなくてありがとうございました。
持て余すほどの財産を与えてくださらなくてありがとうございます。
共に身を持ち崩すほどの相手を与えてくださらなくてありがとうございました。
私はたった一人で淋しく長生きします!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。