上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今世紀最高傑作! 

姜尚中先生著 「心」が出版された。
IMG_0002-3.jpg

さあこれから書店に走りましょう!
そして、「 姜尚中氏の“心”ください! 」
と言って平積みされているそれを手に取り、「こ、これ、、、題字がいいなぁ(^◇^) すばらしい! いったい誰が書いたんだろう(^.^)/~~~ なになにぃ、、、山崎秀鴎? こんないい字書く人がいるんだぁ」って本屋の中心でそう叫んでください。
きっといい一日の始まりになりますよ(^_-)-☆

集英社の担当の方が送ってくださった「心」の表紙をめくると・・・
IMG_0004-2.jpg

こちらこそ 感謝m(__)m
スポンサーサイト
草加中央診療所の看護師○○さん
アバクロ 004

私 「 ○○さんは福島だったよね。」
○○さん 「 だがら言ったべ。福島じゃなくて栃木ですって↗ば↘。」
私 「どっちもたいして変わらないでしょ。」
○○さん 「んだから違うんですってば。福島は東北、栃木は北関東なんだからぁ、全然違うんです↗よ↘。」
私 「でもそんなに訛ってるとお嫁に行けないでしょ。」
○○さん 「残念でした。これでもちゃ~んと結婚してるんですぅ。」
私 「それはよかったね。同じ栃木の人?」
○○さん 「それが大阪なんですよ。」
私 「じゃあ栃木弁と大阪弁でしゃべってんの?」
○○さん 「そうなんですよ、なんかイントネーションがヘンで噛み合わないんです。特に関西の人は数字がヘンなんですよね。 ♬いち→、にい↗、さん、しい↗、ごお↗、♬ って上がったり下がったり、なんか数字しゃべると音痴なんですよ。あんた、それおかしいべ、音痴だよ、っていづも言ってるんですけどね。」

どっちもどっちだよ。あんたたち夫婦は歌わなくても充分音痴です。

今日は本当によく晴れた。真っ白な山桜が真っ青な空と、真っ白な雲に映えて美しい。

130405_122714.jpg

さて、私はこの誕生日で53歳になったのか、54歳になったのかわからなくなって、大学の同級生にメールして確認してしまった。歳をとると、自分の年がわからなくなる。。。(;一_一)
友人からメールが来るかと思ったら友人の娘から「やまちゃんは53歳だよ~」って返信がきた。そうだ!、私は53歳だ! おかしいでしょう。忘れちゃうだなんて。でも、忘れちゃったのではなくて、わからなくなってしまったのだ。
母が亡くなったのが満53歳。享年54歳だった。そして大親友が亡くなったのも53歳。享年54。二人とも脳幹部出血でそっくりな亡くなり方だった。 数か月前、次の誕生日が来たら母と篠さんに追いついちゃうんだなぁ、、、って思ったのだ。だから53だか54だかわからなくなってしまったのだ。
母が亡くなった時には私はまだ24だった。あれから29年が経ち、少しは大人になったのだろうか。あの時私は母をとても大人だと見ていたが、自分がなってみると、まだまだ53歳は未熟で、大人になりきっていないように思える。
私はこれから母と篠さんが見ることのできなかった景色を見、経験することの出来なかった年齢を歩んでいく。いつか、どんな風景だったかをあの世で彼女たちに報告するために。。。
桃子ちゃん 「ねぇ、先生ってさぁ、どうして髪の毛 Mの字に剃ってるの?

先生の頭って 012

剃ってないし(;一_一)
我が家のネギは・・・

その後、花を咲かせて・・・

ネギではなくなった。。。(^◇^)

syuoh-juku 009

めでたし めでたし(^◇^)
2013.04.01 人生最良の日
昨年から毎月一回まもちゃんと食事会をしている。
今日もいつものようにロクシタンで待ち合わせ。

まもちゃん「ヤマちゃん何食べたい? 誕生日近いからヤマちゃんの好きな物食べよう。」
私「しゃぶしゃぶ~~!」

っていうことで、しゃぶしゃぶを食べに出かけた。フラッシュ焚けないからうまく撮れなかった。
syuoh-juku 012
久しぶりに食べきれないほどタラフク食べて満腹満腹~(^.^)/~~~ おいしかった。
まもちゃん ごちそうさまでしたぁ。

その後は、いつもの韓国バー。プライベートでも仲良く、いつもいっしょに遊び歩いている仲間の集まる店だ。

イムちゃん「やまちゃん、待ってたよー!」

ってことで、みんな集まって私を待っていた様子。

「誕生日おめでと~~~!!!

私「誰の誕生日?」

私の誕生日の三日前だからピンと来なかったのだが、私の誕生パーティーにみんなが集まってくれていたのだ。。。
そんなこと聞いてないし~。。。こういうのをサプライズっていうのか。。。

サプライズに慣れていない私が戸惑っているうちにシャンパンが抜かれてカンパーーーイ!
IMG_5873.jpg

マモちゃんお花とボディースクラブありがとう。
syuoh-juku 015
syuoh-juku 021

歩ちゃんからは私の大好きなROSEの香りのハンドクリームと石鹸。実はさっきロクシタンに寄ってこれいいね、なんて話していたところだったんだよ。
syuoh-juku 023

イムちゃん、いつも私の体を気遣ってくれてありがとう。先月インフルエンザにかかったからご心配かけました。
syuoh-juku 020

ヨハンちゃん作曲のリラクゼーションCDを聴きながら、ハーブティーとクッキーをいただきます。
syuoh-juku 019

こんなに多くの仲間に囲まれてハッピーバースデイの歌を歌ってもらって、ケーキのローソクを吹き消すなんて記憶にある中では初めてです。
IMG_4853.jpg

このケーキを焼いてきてくれたのが須甲ちゃん すごっ! おいしかったよ~(^.^)/~~~
IMG_2957_20130401174412.jpg

私はなんだか目がウルウルしてきてしまった。

私は今、最高に幸せで~~~~す(^◇^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。