上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィギュアスケートの世界選手権が開幕した。
第一日目、男子ショートプログラムを観に、さいたまスーパーアリーナに来ているナウ。このチケット、昨年末にゲットしたものだが、今シーズンは羽生結弦くんのショートが一番安定していて、見る価値ありと読んだ結果なのだ。
今年は真央ちゃんも高橋大輔くんも引退を匂わせていたから、男子も女子も見たかったのだが、二人とも調子が上がらないと読んだ。大輔は結局膝の調子が悪くて出場を見合わせた。
sakura 114
開場は11:00
まずはペアのショート。それからオープニングセレモニーがあって、男子のショートは15:30くらいからになる。ということで、私たちは15:30頃にさいたま新都心駅で待ち合わせた。私達というのは親友マモちゃんと私。
sakura 113
中華を食べて、16:30頃入場。
まだまだ前半グループで静かなもんだ。
sakura 111
午後7:00を過ぎたころから、ISUランキング上位の選手が出てくる。
まずその先頭を切ったのが、ジェレミーアボット。日本にもずいぶんファンが多いようで、黄色い声が響いていたが、私が気になるのはそのコーチの方。佐藤有香ちゃんは戸板女子高の教え子。由香ちゃんは書道を選択していなかったから何も教えていないけど。。。今は有香ちゃんもご両親のように夫婦でコーチをしている。ご両親と言うのは真央ちゃんや小塚君のコーチで有名な佐藤信夫コーチ夫妻。だからアボットのコーチ有香ちゃん夫妻と、小塚君のコーチ佐藤信夫夫妻四人がコーチズボックスに揃い踏みだった。そんなことってなかなか見られないから私はそっちにばっかり気が行ってしまっていた。
アボットの次は小塚君、町田君が続けて出場。アボット、小塚君の演技はそこそこだったが、町田君の演技は最高で、周りの人たちは感動してみんな涙を拭いていた。もちろん私も・・・ね。
もうこれだけ見られただけで今日は来た甲斐があるってもんだ。
と言いながら、早く羽生君出てこないかな~、、、って、気持ちはもう次へ飛んでしまっている私が怖い(^_^;)
いよいよ羽生君が出てくると、キャーキャーうるさくて集中できない。私でさえそうなんだから羽生君本人もきっとそうだったに違いない。キャーキャーの声がなかなか止まないから曲もなかなかかからない。ようやくシンとしたその瞬間、「ゆずくん、愛してる~~~!」ザワザワっとざわめいた瞬間、曲が始まってしまった。羽生君は演技後「転んだのはあの声のせいではなく、僕自身の慢心です。まったく自分に腹が立つ」と言ったが、本心はどうであっただろう。帰宅してテレビで観たら観客の声は絞ってあって、あまり聞こえないが、実際にはかなり大きな声だった。

ショートプログラムは町田君が首位、羽生君は3位発進となった。さいたまスーパーアリーナは帰りの客で混雑し、駅もごった返している。アリーナ前のスタバやドトールは満席だから、駅の向こう側のタリーズでお茶して帰ることにした。
そこも混んでいて、並ぶ羽目になったのだが、私の後ろに並んだのが、全日本ではお馴染みのあの選手。誰だっけ~。。。(^_^;)
ほら、あのテクノの曲で踊る、、、誰だっけ。最近物忘れが激しくって、、、出てこない。・・・・・と考えていると、「カランカランカランっ」って大きな音。私の足元に店のディスプレイのプラスティックが転がっている。私が拾おうとしたら、その選手くんが慌てて拾いあげた。店内の客たちはみんなこっちを見ている。「誰だ~。あのオヤジか少年が何か落としたみたいだ」と思われているに違いない。「違うの!私じゃないの。この子で~す」って言ってやりたかったけど、彼が首をすくめて「恥ずかしい」と言いながら顔を真っ赤にしていたから私も笑ってしまった。
そうそう、思い出した、佐々木彰生くんだ。
sakura 115
感じのいい子だった。

マモちゃんとは西日暮里で別れて帰宅した。そういえば、解説の八木沼純子ちゃんの衣装はマモちゃんとパートナーの小瀬さんが担当していたのだ。スケートには縁のある二人、「次はいつ行く?」 ってもう次のスケート観戦のチケットゲットに向けて始動だヽ(^o^)丿

スポンサーサイト
2014.03.25 サクラサク
まだ東京では桜の開花宣言は出ていないけれど、こちらでは咲いていますよ。

文化放送川口送信所 サクラサク でございます。

平成26年 さくら 016

真っ青な快晴の空の下、ソメイヨシノが開花しました。この暖かさですから、
きっと靖国神社の桜だってじっとしてはいられないはず。
そろそろ花開くにちがいありません。

平成26年 さくら 015

春爛漫、本当に気持ちのいい季節になりました(^_^)/~
先日 私が「巨大みかん」と言われた話を書いたが、

今日は生徒がホントに巨大みかんを持ってきてくれた。

ホントの巨大みかん 077

写真でその大きさを伝えるのは難しいけれど、夏みかんとかポンカンとか、グレープフルーツとか、

いえいえそれよりも大きいのです。

「これって夏みかんなんじゃない?」 っていう人がいたが、たしかに“ふつう”のみかんなのです。

いや、“ふつう”じゃないのです。何を言っているのだ。

夏みかんとかポンカンとかはギュッとしまって硬くて酸っぱいでしょ。みかんって柔らかくてフワフワしている感じ。

剥いてみればわかるんじゃない? 食べてみればわかるんじゃない?

って言う声に答えて、剥いてみんなで一個ずつ食べてみることにした。

ホントの巨大みかん 078

「わ~~~、、、甘~い。」大きめのみかんはだいたい甘いけれど、味が薄くて味気ないものが多いでしょ。

しかし、これはスカスカしていないし、とっても甘くておいしい「巨大みかんでした。」
ホワイトデーのお返しに、子供たちの一番人気、「めちゃうまラー油」と「かりんとう饅頭」を

セットにしてプレゼントする。

めちゃうまラー油はいけだ屋さんに届けていただくことになっている。

かりんとう饅頭は焼きあがるまで一時間も待たなければいけないというので、

この機に近くの警察署で免許証の書き換えを済ませてしまおう(^_^)/~

ホントの巨大みかん 067

待っている間に免許更新が済んでしまえば、一石二鳥だ。  ラッキー(^_^)/~

と思ったら、これだ。

私は子供の頃から右目がほとんど見えない。免許更新の度に再検査、視野の検査、、、とめんどくさ~い(@_@;)

忘れてた。。。。。
今年もまた、花粉症の季節がやってきた。

足立のお稽古場で

私がトイレから出ると・・・

小5の生徒 「ねぇねぇ、先生ってぇ、どうして鼻かむのにトイレでかむの?」

私 「だって目の前で鼻をかまれたら気持ちのいいもんじゃないでしょう。」

生徒 「でも聞こえてるけど」

私 「うそっ!」

生徒たち 「うん、聞こえてるぅー」   「ねぇ 聞こえてるよね~」
   「全然 聞こえてるけど」   「うん、マル聞こえ~」

ショック! (-_-;)
   
叶さん2

梅一輪いちりんほどの暖かさ

少しずつ春の息吹を感じる今日この頃でございます。

来る3月16日(日) に 第14回 書味研鑚を開催いたします。

場所はいつもの南麻布のお店が閉店してしまったということで、使えませんので、藤春シェフのお店、西武池袋線 練馬高野台の「レフレ」です。
駅ビルの1階ですから、歩くのが苦手な方にはとってもラクです。是非お出ましくださいますようご案内申し上げます。
初心者大歓迎(^_^)/~ まずはご自分のお名前から。実用書や俳句などを書いてみませんか。お気兼ねなくお問い合わせくださいませ。。

3月16日(日)
午前の部
10:30~12:00 お稽古
12:30~13:30 ランチ

午後の部
12:30~13:30 ランチ
14:00~15:30 お稽古

参加費 6,000円
(道具貸し出しは別途1,000円)

お問い合わせ
080-5026-1791
mount-hero@i.softbank.jp
shu-ji@shu-oh.com
山崎秀鴎


1509017_275556479276403_1916741221_n.jpg

スープ
第13回 スープ

メインディッシュ
第13回 料理

デザート
第13回 デザート
友人の北谷和子さんのシャンソンのライブ。
いつもながら深~い味わいの歌声に感動。
和子さんと私 004
この写真、なんで私が舞台で和子さんの隣にいるのかと思うでしょ。
それが、、、

私も一曲。。。
和子さんと私 008-2
いったい何を言い出したのか、血迷ったのか!
とおっしゃるでしょうが、わ・た・し、歌っちゃったのです。
ダイアナ・ロスの If we hold on together 。
どうしてこんなことになっちゃったのか、事情を説明すると、


和子さんとはよく遊びに行く仲よしで、昨年友人の和泉元彌さんの狂言を観に行き、友人の中西圭三さんのステージを聴きに行った帰りにカラオケに行ったのだ。
和子さんいわく、「先生、こんなに歌が上手なんだったらこのままにしないで、デビューした方がいいですよぉ。うちの旦那に言っとくね。」
(違うの違うの、私が言ったんじゃないの。和子さんが言ったんだから(-_-;) 自慢じゃないんですよ。”自慢げ”だけど)
それにしても、「うちの旦那に言っとくね」っておっしゃるけど、、、「うちの旦那」って何様よ!
その後暫くして、和子さんのライブでご紹介をいただいたんです、旦那さんに。。。
旦那さんから頂戴した名刺を見ると、、、エイベックス・インターナショナル・ホールディングス 代表取締役社長。えっ?! あの天下のavexの??? こ、これは失礼いたしました。何様どころじゃないじゃないか。ビ、ビ、ビックリだよ。
突然和子さんが「今日はスベシャルゲストが歌ってくださいます。」なんて言うから、エイベックス・インターナショナルの社長さんの前で、「いえいえ歌えな~い、ムリ無理~。」なんて言えないじゃないか(-_-;)
「わたくし、うまくしか歌えませんよ~。」とか言っちゃって、まあずうずうしくも歌ってきたのです。

それにしても突然なのにギターのお二人はうまく合わせてくださって、すばらしかった~。
和子さんと私 013
左が賢ちゃん 右がマチャちゃん。ありがとねぇ~。

ということで、8月3日(日)に原宿クエストホールにて、二人のジョイントコンサートを行うことになりました。
ちなみにエイベックスの企画ではなく、元フジテレビアナウンサーの松田朋恵さんの企画です。是非いらしてくださいね(^_^)/~

今ちょうどローリングストーンズが来日しているが、ローリングストーンズ、マイケルジャクソン、マドンナなどの超大物アーティストの日本公演を成功させた幻のプロモーターというのが写真中央の北谷賢司氏。
和子さんと私 023-2

2014.03.08 海老で鯛
先日、アバクロのジーンズを買って帰ったらお腹が苦しくて座れなかったから、親友マモちゃんにくれてやった。

雪の降る中を 048

そのお返しにくれてよこしたのがこれ。

財布はやっぱりヴィトン 001

image.jpeg


ちょっと興奮(^^)/

奥様、海老で鯛をつりましたわ~~~(^_^)/~

昔から転んでもタダじゃ起きないタイプなのです。
今回の日本のオリンピックユニフォーム、とってもセンスがいい!
DSOC-3001_JNVY_g1_l_20140303232134195.jpg

フィギュア男子の表彰式を見ていると、羽生君のユニフォームが隣のカザフスタンやカナダと比べてとっても素敵だった。
yjimage.jpg

私もこれがほしい!!!
ってことで、デサントのサイトに跳ぶ。すると68,250円也。かなり高価にもかかわらず、SOLD OUT!やっぱり日本は豊かだなぁ~。
書味研鑚(ランチ書道)のスタッフ鳥ちゃんの本職はモイスティーヌという化粧品屋さんで、素肌美容家なのだそうだ。

私 「 うっそ~~?! 私もいつもスッピンだから素肌美人になれるぅ?」
鳥ちゃん 「 なれますなれます~。石鹸だけでもずいぶん違いますよ。」
私 「 それならちょっくら私にも石鹸の一つも持ってきてちょーだい!」 
ってことで、お取り寄せ。(ってほどでもないが・・・)

 石鹸を網に入れ、コショコショってして石鹸をすぐに出し、網だけコショコショコショコショってこするとしっかりとした固く引き締まった泡が出来上がる。
それを手に取り、顔にそっとぬる。あまりこすらずぬるま湯でそっと流すだけで、モッチモチの肌の出来上がりだ。本当にモチモチだよ。3カ月も使うと別人の肌に変身する。
あんまり変わったから、最近では顔だけでなく、そのまま頭までぜ~~~んぶモイスティーヌの石鹸で洗顔ならぬ、洗髪? でもなく、洗頭している。

こんな感じで・・・。

もちもち肌 001

そして洗い流すと・・・

もちもち肌 002

ど~お~? モチモチだよぉ。

私の顔と頭はモチモチ肌です(^_^)/~
生徒A 「こんにちは~」

生徒B 「先生また先週よりも一回り大きくなった?」

私 「気のせいじゃない?」

生徒B 「ぜってぇおっきくなってるよ、先週巨大みかんだったのがメロンになってるもん。」

生徒みんな 「ほんとだぁ~、メロンに育ってる。先生ほんとにどんどんおっきくなってるよね。」

巨大みかんとメロン 509

私 「みかんはメロンにはなりません!!!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。